英語

子供の英語学習にはスカパーのディズニーチャンネル

更新日:

この記事では

子供がテレビから英語を学ぶのは効果的

シラボル テンポ コンテクスト

について綴ります。

スカパーのディズニーチャンネルは良い

disney juniorというスカパーの英語放送チャネルを契約しています。
子供がどうせテレビをみるなら、少しでも役に立ちそうなものがいいなと考えたからです。6歳ぐらいまでの子供であれば英語でみること自体には特にハードルはないようです。

英語放送を録画するにはデータ量が多い録画タイプを選ばないといけないので、ハードディスクがすぐにいっぱいになってしまうのが、少し残念です。(小さな問題ですが。)

子供にとって、話の意味が完全にはわからなかったとしても、それ以外に楽しめる要素がちゃんとあるので大丈夫なようです。

ある時は子供から、「これは日本語放送だ。」というクレームがあったことがありましたが、その放送は英語でした、子供にとってそもそも英語だとか日本語だとかいうこともよくわかっていないようでした。

馴染みのある音が日本語であるようで、アニメの歌がよく聞いているものであったので、英語なのに、日本語だと感じたのかもしれません。

子供が話す単語の発音は基本的にはめちゃくちゃではあるけれども、(シラボル、音節、syllable)の数はちゃんとあっていて、ちゃんと聞いて覚えているんだなと感じます。また、音節やリズムちゃんとしていれば英語は通じるので、文字からではなく耳から覚えられる子供は強いとおもいました。

 

子供が外国語を覚える時に一番役立つのは【テレビ】!?

外国人を夫に持つ日本人の友達がアメリカに住んでいます。
彼女は子供を日本語が学べる学校に通わせたりして、アメリカ文化のみで育たないようにしています。

家では日本語を使うようにしているし、よくハードルが高いと言われる、日本語を書いたりすることを学習させることにも積極的です。

彼女が言うには、子供が日本語を覚える時に一番いいのは「残念だけどテレビ」だということでした。

残念だけど、というのはまー、テレビに対するネガティブな印象というだけなので流すことにしましょう。

画面の中で、文脈や、実際の人の動きや、受け答えなどが展開されますし、主題歌も外国語を覚えるのには助けになるのかもしれませんね。

あとは、番組はそもそも楽しく作ってあるとおもうので、取り組む(?)時間が30分とか1時間とか長いのも良いのかもしれません。

 

英語を話す時に重要な「シラボル」「テンポ」「コンテクスト」

例えば、チョ コ レート は通じない可能性がありますが、
チョ コレ はchocolateとして、文脈 ( context ) があれば通じる可能性が高いです。

子供の発音も、舌ったらずであったとしても、シラボル(音節)やテンポが合っていればちゃんと機能します。

 

実は英語の発音は、ちゃんと説明してもらっても違いが聞き取れないようなものがあるのですが、そうした細やかな発音よりも、リズムやテンポの方が大切です。

I don't know. ということを音にする時に
アメリカ英語風、イギリス英語風、インド英語風、日本語英語風などど聞き分けてみると、だいぶん発音自体に違いはあるのだけれど、リズムさえOKであれば全くコミュニケーションに差し支えはないと思います。

「彼の英語はすばらしい、よい」などど言われているレベルであれば、それは評価の土俵に乗っている段階なのであって、違和感のないレベルであれば、そもそもうまい下手のような評価の話にはならないわけです。

評価はいいとしても、1日中聞くのが疲れてしまうような話し方であるよりも、テンポを重視して話すように心がけたいと思います。

 

外国人の子供の英語の発音を日本で聞く機会はあまりないかもしれませんね。

また、子供の発音は英語の学習教材などから聞くこともむずかしいと思います。

セサミストリートが放送されていた頃が懐かしいです。

 

 

 

  • この記事を書いた人

回り道男(まわりみちお)

三代目社長になって数年が経ちました。このブログでは、僕の回り道について紹介します。英語、庭の計画、車、バイク、自転車、本の紹介など趣味について綴ります。

-英語

Copyright© 三代目社長の趣味 , 2020 All Rights Reserved.