英語

ドラマや映画を使った英語学習のやり方

更新日:

月並みな提案にはなりますが、自分で効果がありそうだと感じるものにトライして下さい。

 

この記事では

外国の中学生が見るような英語の日常ドラマを見る

目の前のもの、ことを全て英語でいうトレーニング

 

について綴ります。

 

中学生が見るような海外ドラマを見る英語学習

中高生が見るようなテレビドラマを英語でみます、そしてその後同じものを日本語でも見る。

 

ヘッドフォンをつけて食い入るように見ていました。ある時いつもよりくっきりと理解できていると感じることがありました。

 

そのときは実は英語ではなく日本語音声で見ていました。自分のことながら笑ってしまいましたが、英語を使うの感覚と日本語の感覚の境界がいい意味でくずれ始めていたのだと思います。

 

当時NHKで放送されていたものを見ていました。フルハウスとかフレンズとか、宇宙から来たなんとかっていうものとかいろいろ見ていました。

 

舞台が日常ですので、普段のやりとりを垣間見ることがとてもためになりました。

 

映画をつかった英語学習のやり方

その後、アリーマクビルとかのdvdボックスとかも買ったことがあります。dvdを買うときには、英語字幕があるかどうかがとても重要です。

 

映画のdvdを買う時には、英語字幕があるかどうかは大切ですし、コメンタリーがあるかどうかも気にしていました。コメンタリーに字幕がつくものも中にはあって、とても参考になったのを覚えています。

 

まずは、日常が舞台となっているものがいいですね。気の利いた簡単な受け答えを頭にいれておくと、大事な場面でいい感じに役立ってくれます。

 

労力がかかりすぎると、続かなくなることが多いですし、簡単過ぎても続かないかもしれません。

 

少し英語がわかりかけた頃はよく参考書や英語学習雑誌を買っていました。1回英語の授業に出たら2000円とか3000円とかかかることを考えたら、やる気を落とさない為にも1回本屋に行って1冊本を買うのは高くないと思っていました。

 

ま、やる気がなくなるってことはあまり記憶ないですね、僕の場合。楽しくてどんどん次のページをめくりたくなるミステリーみたいなもんでしたから、英語の学習は。

 

目の前にあるものすべてを英語で言ってみる

 

あそこに**があります。
あの**の色は**です。
屋根/あの家の/は瓦です。A roof of that house is tile.
私は**します。
今日は**です。
彼は**です。
昨日は***
突然**

 

ポイントは言えないことを知ることです。

知ることで、膨大に学習した際に自分が持っている「わからなかった事柄」のトレイに「学んだ知識を整理して備える」イメージです。
まずはインプットが大切になります。

 

もしくは、わからなかったことを後で調べてもいいかもしれません。
調べなかったときでも、一度知らないということを覚えていますから、次にその事柄が出て来たときに覚えやすくなりますよ!

 

しかしながら、これはコスパが悪いというか、費用対効果があまりよくないので、結局続けることを阻害することになるかもしれません。

ちょっとトライして自分にとって簡単であれば続けて下さい。メモを取って書き溜めるもよいかもしれません。

 

大変そうだったらほどほどにして、自分にあっていそうなことを続けることの方が効果的と思われます。

最初のうちは自己流だとどうしても的確でないというか、回り道してしまうことはあるかもしれませんが、英語が使えるようになるという頂上に向かうために無駄ではないですし、少しでも前に進んでいおればいいですね。

 

英会話のネタ

また、今こんな風に学んでいるという事柄自体が外国人との会話のネタにもなります。僕が学んでいた当時はわからないこと「こんな時はどういうの」とか、「あれは何という名前なの」ということを外国人とよく話していました。

そういう話がきっかけで、延々とくだらないことを話し合う中で、要所要所で冗談をいいながら覚えていきました。

 

ユーモアとsarcasm

外国人の友人とのやりとりの大半は、ユーモア的なことが多いので、その感覚をつかんでおくことはとても大切になります。sarcasmというものです。

「sarcasmを理解している日本人にあったことがない」と地元の公立学校で英語を教えている友人が言っていたことがありますが、その状況はわからなくもないですが,

コミュニケーションには大切なので知っておきたいです。

 

英語を話せるようになるには、本当に小さなことまで、身の回りの出来事全てを日本語から英語に塗り替えて行く経験が必要になります。そこが楽しいんですけどね。

カメラのファインダーを通して目の前の世界をみるように想像すると、目の前の景色が違って感じられるようになるのに似てるかな?

 

外国語を学んだことがある人の日本語の思考回路は、考え方や話の中で抑えておくポイントなどの違いから、日本語を話していても外国語を話せるんだろうな、と感じさせることがあります。

 

 

 

  • この記事を書いた人

回り道男(まわりみちお)

三代目社長になって数年が経ちました。このブログでは、僕の回り道について紹介します。英語、庭の計画、車、バイク、自転車、本の紹介など趣味について綴ります。

-英語

Copyright© 三代目社長の趣味 , 2020 All Rights Reserved.